So-net無料ブログ作成

マイカーの歴史 番外編3 ハイラックサーフ [クラシックカー]

1984年(昭和59年)にピックアップトラックのハイラックスの荷台にFRP製の屋根を取付けた車がトヨタから発売されました。今でいうSUVです。

sarf.jpg


米国では1981年から販売されていましたが3年遅れの販売です。屋根が脱着式というのが斬新で、確か、取外して公道を走行することは許可されていなかったと思いますが、サーフというネーミングもうけて、若者を中心に人気が広がりました。
後にV6の3Lエンジンも発売されましたが、発売当時は2Lのガソリンエンジンと2.4Lのディーゼルエンジン(いずれも90PS程度)と、SUVとしては非力な車だなと感じたものでした。

それにしても、脱着式の屋根というのはユニークな発想ですね。ある時は2人乗りのピックアップトラック、ある時は5人乗りのステーションワゴン、なんて使い方が出来たら便利でしょうね!

入手したサーフは結構古いんですが、まだまだ元気です。
元々5ナンバーだったんですが、オーバーフェンダーを装備し3ナンバー登録となりました。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

マイカーの歴史 番外編2 RX7FC [クラシックカー]

ハチロクの次はRX7の2代目FCです。以前、乗っていたSA22(初代RX7)を十分に堪能できないまま手放してしまったという思いもあって、ロータリーフィーリングよ今一度との思いからオークションで手に入れました。

fc.jpg

1990年(H2年)のマイナーチェンジした後のFCですが、購入時、既に15年過ぎていましたが走行距離は3万キロと奇跡的なほどの低走行車でした。
前オーナーがセカンドカーとして保有していた車で、車庫で眠っている時間が長かった様です。
13BのNAエンジンですが、さすがにモーターライクなロータリーフィーリングは一度味わったら忘れられない感覚です。

そういえば、行きつけの歯科医院の先生から、FCを見て、「昔、学生時代に、86を買おうか、FCを買おうか、迷いましたが、結局、86を買いました。もちろん中古ですが。」という話を聞かされましたが、前回紹介した86と今回紹介したFCは、スポーツマインドを手軽に味わえる車の代表格だと思います。

fc31.jpg

 ちなみに、当時は装備されていなかった、ウィングに「LEDのストップランプ」を埋め込みましたよ。

 今では、当然の様に装備されている「ハイマウントストップランプ」ですが、いつごろ採用されたんでしょうね?

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。